検索
  • La-Vida

先日、宮古島→東京へ出発した子猫達



宮古島保健所に親子で収容され、乳飲み子達だった子も大きくなりました。

犬の収容が減った分、猫の収容が増え移送されるかもしれないと悩んでいたところ、何とか受け入れ先が見つかりました!

これで預りボラさんの所が空くので今収容されている子を数匹引き出せます!

宮古島保健所は殺処分をするのではなく一時収容場所としての役割でして、沖縄本島に移送されそちらで引出しがなければ殺処分となります。

沖縄本島も猫は沢山いて現地ボランティアさんでは対応仕切れない可能性が高い。宮古島から移送となると殺処分になる確率がぐんと高くなるのです。

最近は、島内の方が保健所から直接里親として引き受ける事が増えました(以前に比べて)。

そのお陰で移送期日も少し伸びそうですが。

宮古島の皆様、せめてペットの子達に避妊去勢手術実施にご協力お願いします。

すぐに増えちゃうん(繁殖する)です。

みんなをレスキューは出来ないのが現実です。

餌やりをしてる外猫がいるならその子にも手術をお願いします。

今回、保護主としたお引き受け下さった TNRに力を入れておられるそとねこ病院HOME様 @sotoneko.home

預りボランティア

平良様&かとみ様

バゲボラ(搬送ボランティア)

小原先生様

子猫ミルクやフードのご支援、ご寄付下さった方々、いつも応援下さる皆様のお陰で子猫ちゃん達は新たなスタートに踏み切れます。

皆様、有難うございます。

元気いっぱい!幸せいっぱいに過ごすにゃん♪

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示