イワトコナマズ

ナマズ目 ナマズ科 ナマズ属

 

和名 イワトコナマズ

英名 Biwa rock catfish

学名 Silurus lithophilus

 

分布 琵琶湖、瀬田川、余呉湖

 

全長 60cm前後

 

食物 魚類、甲殻類、水生昆虫 

 


体色はやや黒ずみ、全身に黄褐色の斑紋をもつ。眼は側面にあり、腹側からも見ることができる。一般的なナマズ類と同じく夜行性で、本種は特にその傾向が強く、日中は物陰に潜んでじっとしており、夜間に水底の小型甲殻類や昆虫を主に捕食する。滋賀県では食用にされており、日本産ナマズ類の中では最も美味とされる。環境省レッドリスト準絶滅危惧種。