ポリプテルスビキールビキール

ポリプテルス目 ポリプテルス科 ポリプテルス属

 

和名 ポリプテルスビキールビキール

英名 Nile bichir / Polypterus bichir

学名 Polypterus bichir bichir

 

分布 ナイル川水系

 

全長 70~90cm(最大1mを超える)

 

食物 魚類、両生類、甲殻類、昆虫

 


​ポリプテルス最大種だが、コンギクスよりもより細身なので同サイズではビキールビキールのほうが小さく見える。ポリプテルスは魚類が両生類に進化する分岐点の動物だと考えられていて、その胸鰭のつけ根は筋肉が発達していて四肢動物の前足の様になっている。呼吸法は空気中の酸素を直接とりいれる呼吸をおこなう。